薬剤師の年収 病院

病院薬剤師の年収を上げることはできる?

薬剤師の職種の中でも、薬学生や薬剤師に人気の高いのが病院薬剤師です。

 

病院薬剤師は臨床現場でチーム医療に携われるので、
薬剤師の専門性を活かせることにやりがいを感じる人も少なくありません。

 

しかし、病院薬剤師は薬剤師の職種の中でも年収が比較的低いことが多いと言われています。

 

仕事の忙しさなど労働環境に見合う報酬がもらえるのか…病院薬剤師の年収について紹介します。

 

 

病院薬剤師の年収

 

薬剤師の主な職種の年収相場は、次の通りです。

 

調剤薬局 約400〜650万円くらい
ドラッグストア 約400〜700万円くらい
病院 約400〜650万円くらい

製薬会社

約400〜800万円くらい

 

 

新卒の場合、病院薬剤師は初任給は20〜25万円程度、年収350〜450万円からスタートです。
薬剤師の職種の中では、一番年収が少なく経済的な面からはあまりメリットがないと言えるでしょう。

 

その後の年収は、夜勤の有無や昇給は病院によって違いますが、
おおよそ450万〜600万円くらいが頭打ちです。
キャリアを積んでいっても、大幅な年収アップは難しく、薬剤師の職種の中では年収が低い仕事です。

 

 

病院薬剤師の年収が低い理由

薬学生に一番人気の職種は病院薬剤師です。
医療の最先端に関われる病院薬剤師という仕事に憧れる薬学生は少なくありません。

 

医師や看護師など他職種とチーム医療に関わり、
薬剤師としての専門性を活かす事で医療に貢献できることは大きなやりがいを感じられます。

 

そのため、病院薬剤師は年収が低くても人材が0集まるため、
結果として初任給や年収が上がらないという状態になっています。

 

また、近年の医療機関は医療財源の困窮から病院も経営改善を行わざるを得ません。
そういった流れの中で、医療機関で占める割合の大きい人件費についても縮小傾向にあります。

 

病院では、医師、看護師が優先される傾向があるため、
薬剤師の年収は抑えざるを得ないというのは仕方のないことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

病院薬剤師は仕事の忙しさから考えても、
収入が高くなく待遇面でメリットがあるとは言えません。

 

しかし、調剤薬局やドラッグストアでは経験できないチーム医療に携わり
がん治療に携わったり医師や看護師とともに働くという臨床経験は他の職種では絶対にできない経験です。

 

病院薬剤師として働くモチベーションは、
「薬剤師としての専門性」を発揮する医療人としてのやりがいなのかもしれません。

 

国公立病院と民間病院の年収の違い

 

病院薬剤師は国公立病院と民間病院の2種類があります。
どこに勤めるかで年収も大きく変わりますので、それぞれの違いについて紹介します。

 

国公立病院薬剤師の年収

国公立病院の薬剤師は公務員に分類されるため、
初任給は法律で決まっており20万8000万円です。

 

その後は 順調に「定期昇給」がありますので平均年収は役600万円以上と言われています。
最初は調剤薬局やドラッグストアより低いですが、
長く働くと調剤薬局やドラッグストアと比べて高い年収になります。

 

国公立病院は残業手当や福利厚生も充実しており、
安定して働きたい場合にはおすすめの職場です。

 

 

民間病院薬剤師の年収

民間病院薬剤師の初任給や年収は病院によって違います。
通常23〜25万円程度です。

 

その後の昇給や福利厚生も病院によってそれぞれであり、病院によって待遇が違います。
「初任給はよかったけど、昇給がほとんどない」「残業代がつかない」ということもあります。

 

大きい病院では定期昇給を約束している病院もありますが、
確実にあるかは病院毎に違いますので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

 

病院薬剤師で年収を上げるには

 

国公立病院薬剤師に転職する

 

国公立病院になるためには、公務員の採用試験を受けなければならず、
現実的には狭き門と言えるでしょう。

 

給与面や福利厚生のメリットの他、国公立病院は設備が整っているので、
他病院では経験できない仕事もでき、専門薬剤師を目指すには恵まれた環境と言えます。

 

そのため、最先端の医療に携わりたい薬剤師の多くが国公立病院を希望しますが、
就職はかなりの難関です。

 

また、公務員試験に合格したとしても国公立病院に配属されるとは限らず、
保健所などに配属される可能性もあります。

 

国立大学病院の薬剤部は20〜30名もの薬剤師が働いていますが、
正社員の空きがはほとんど出ません。

 

もちろん中途入社の道も厳しいです。
新卒で契約社員や研修生として就職して、空きが出たら正社員になるというケースが多いようです。

 

 

地方の中小病院を探す

病院薬剤師として高い年収を希望するなら、地方の穴場的な民間病院を探すことです。
地方の薬剤師が不足している中小病院は、薬剤師を採用するために高い年収を提示しています。

 

民間病院は病院によって待遇や福利厚生が全く違います。
また、病院の規模や総合病院か専門病院かによっても労働環境が違いますので、事前に確認しておきようにしましょう。

 

病院薬剤師の労働環境のチェックポイント

 

外来処方箋の割合

民間病院の薬剤師は、調剤業務が中心になりますが、
最近は多くの病院が外来を院外処方にしているので、病院薬剤師の負担はかなり軽減されています。

 

また、調剤の機械がすすんでいる病院の薬剤師の仕事は、調剤業務から病棟業務へと移行しています。
病院ごとにこの状況は違いますので、あらかじめ聞いておかないと「思っていた仕事違う…」となりかねません。

 

夜勤があるか

病院によっては夜勤があります。夜勤は手当てがつくので、年収アップができますが、
経験の浅い薬剤師の場合プレッシャーにもなります。

 

人間関係や職場の雰囲気

病院薬剤師はチェーン調剤薬局のように職員の移動はまずありません。
変わらない顔ぶれでずっと仕事をすることになります。

 

そのため、人間関係が悪化すると最悪な職場環境になってしまいます。
事前に見学をさせてもらうなど、職場の雰囲気や働いている人を見ておくことをおすすめします。

 

病院薬剤師の求人を探すには

 

病院薬剤師に転職したい場合は、まず求人情報をたくさん集めることです。
国公立病院等の採用試験は、年に1回ということも多いので、情報を入手しておくことが大切です。

 

また、病院は欠員が出た時に、中途採用の募集があることがあるので、
そのタイミングを逃さないことが病院への転職を成功させる重要なポイントです。

 

とは言っても、いつ出るかわからない求人情報を毎日チェックするのは現実的には大変なので、
転職サイトをぜひ活用しましょう。

 

転職サイトは、病院で薬剤師の欠員が出た際に一番に求人の相談を受ける存在です。

 

そのため、事前にコンサルタントに、
「病院薬剤師への転職を希望しているので、病院求人があれば教えてほしい」ということを伝えておけば、
「病院の欠員」の情報が入ればすぐに連絡がきます。

 

自分一人で求人情報を集めるより、時間も労力も削減でき、また確実です。
転職サイトの利用はすべて無料ですので、使わないのはとてももったいないです。

 

ただし、転職サイトもくさんあり、会社によって強みがそれぞれ違います。
病院求人を探す際は、「求人数の多さ」と「医療機関とのパイプの太さ」を選びましょう。

 

求人数が多い方があなたの希望に合った求人が見つかりやすいですし、
医療機関との強いパイプがある転職サイトであれば、
病院からの情報が入りやすく好条件の病院求人を多数管理しています。

 

病院薬剤師求人が多い転職サイトをまとめましたので、必ず登録しておきましょう!

 

 

   病院への転職におすすめの薬剤師転職サイト

 

 

薬キャリ

 

・病院への強いパイプがあり、病院求人が豊富
・知名度、登録者数、求人数ともに業界トップクラス
・薬剤師転職サイトの中でも高額の案件が非常に多い
・頼りがいのあるキャリアコンサルタント
・大手18社の薬剤師求人・転職サイトが取り扱う求人も検索可能
・年収アップ以外も土日休み、残業なし案件も多数!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「薬キャリ」への登録はコチラ

 

 

ファルマスタッフ

 

・直接会ってヒアリングしてくれるのでミスマッチが少ない
・きめ細やかなサポートが薬剤師に高評価!
・大好評の「保険調剤テキスト」がもらえる!
・求人先をすべて訪問しているので、内部のリアルな情報が非常に豊富!
・派遣求人は業界トップクラスで高額求人が多い!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「ファルマスタッフ」への登録はコチラ