薬剤師が年収を上げるには「これ」と「これ」と「これ」

薬剤師が年収を上げるためにやる具体的なこと

給料や年収に不満のある薬剤師さんも多く、それが原因で転職する人も少なくありません。

 

毎年の昇給額を見てガッカリ…、「今年も数千円しか上がらなかった」
「この調子だと、1万円の昇給アップするのに何年かかるんだろう」と不安になる人も多いと思います。

 

管理薬剤師や薬局長など手当てがつくようになれば大幅な年収アップが望めるかもしれませんが、
そうでない勤務薬剤師の場合は年収アップなんて微々たるものではないでしょうか。

 

その一方で、中途で入ってきた薬剤師さんの方が年収が高いといった逆転現象が起こっています。

 

長年頑張って働いている薬剤師より、薬剤師としての年数も少なく若い転職してきた薬剤師の方が
自分より年収が高いのは納得できなくないですか?

 

これは、薬剤師の転職業界の特徴でもあるのですが、「前職の給料を考慮する」というものがあるためです。

 

逆に考えると、これを上手く利用すれば、誰でも簡単に年収を上げることができます。

 

 

 

 

薬剤師が簡単に年収を上げる方法 その@

 

薬剤師が年収を上げるためのポイントの一つ目は、

 

「前職の給料を考慮した転職をすること」です。

 

薬剤師の転職業界では、前の職場でもらっていた年収を考慮していくれる所が非常に多いです。

 

大手調剤薬局チェーンでは必ずそうなるとは言えず、前職の給料は参考程度というところもありますが、
個人薬局や小さな調剤薬局では、前職の給与を保証していくれるところがほとんどです。

 

ただ、これだけでは前職と同じか若干高いくらいの年収にしかならないこともあります。

 

 

今の職場が、「人間関係が最悪」「残業が多すぎるなど労働条件が悪い」などであれば別ですが、
そうでない場合、転職すると仕事を新たに覚え、人間関係も一から作っていかなければいけないため、
リスクや不安もあると思います。

 

そんな中、 今の年収と同じか少し上がる程度では、転職するメリットが少なく
飛びついて転職しようとは思わないのではないでしょうか。

 

 

どの程度、年収アップをしたいかは人それぞれ望むレベルは違うと思いますが、
年収アップを目的に転職するのであれば、ある程度の金額を望むのは当然のことだと思います。

 

 

薬剤師が簡単に年収を上げる方法 そのA

 

大幅に年収を上げるためには、二つ目のポイントである

 

「薬剤師が不足している薬局に転職すること」です。

 

 

薬剤師は都心部ほど充足しつつあり、年収が低い傾向があります。
一方で、地方で薬剤師が少なく、また薬科大学がなく新卒薬剤師の供給が無い地域では
薬剤師不足が非常に深刻です。

 

薬剤師不足の地域では、未経験でも年収600万円〜といった求人がたくさん出ています。
しかも、住宅補助も出ますし、車の支給があるところもあります。

 

そういったもろもろプラスの金額を入れると年収700万円、800万円以上になっていると思います。

 

都心部では年収500万円程度だった薬剤師でも地方で働くだけで、
一気に年収を200万円アップさせることが可能です。

 

ただし、地方の僻地であっても大手調剤薬局チェーンはダメです。

 

大手チェーンは、会社の命令で地方転勤になったとしても、会社の給料体系による年収なので、
地方で働くうまみがありません。

 

年収アップを考える場合の調剤薬局を選ぶポイントは次の点です。

 

@地方の薬剤師が不足している地域
A薬科大学、薬学部がない
B個人薬局や小さな会社の薬局

 

これにプラスして、新店舗がオープンする欠員が出て薬剤師の急な確保が必要など
急ぎの条件が加わるとさらに年収が上がり好条件が出ることがあります。

 

地方は薬剤師不足なところが多いですが、経営が成り立たないほど困っている会社もあり、
高い年収と住宅手当などを出してでも薬剤師に来てもらいたいと思っているのです。

 

 

薬剤師が簡単に年収を上げる方法 そのB

 

年収を上げる転職をする方法の3つめのポイントは、

 

「複数(2〜3社)の薬剤師転職サイトを利用すること」です。

 

薬剤師転職サイトは、転職したい薬剤師と調剤薬局や病院、企業を橋渡しをしてくれる会社です。

 

転職サイトに登録すると、担当のコンサルタントがついてくれるので、
あなたの希望する条件を伝えれば、それに合う求人を紹介してくれます。

 

自分一人で求人情報を探すよりも効率に求人を集めることができですし、
コンサルタントは求人先の職場の雰囲気なども知っていますので、
外からではわからないリアルな情報を教えてもらうことができます。

 

複数の転職サイトを利用すると聞くと、担当の人に悪いのではないかな?
と思う人もいるかもしれませんが、全く問題ありません。

 

 

通常、家や車を買うなど人生で大きな買い物をするときは、
複数の会社の見積もりを取りますよね?それと同じです。

 

転職という人生の大きな決断です。
人生を左右するターニングポイントにおいて、
1つの転職会社の1人のコンサルタントの話だけを聞いて決めてしまうのは危険です。

 

 

複数の薬剤師転職サイトを利用するメリット

 

多くの求人情報を集められる

転職サイトによって強み弱みがあるので、紹介してもらえる求人情報が違います。
複数の転職サイトから求人情報を集めた方が
あなたの希望に合う求人を見つけられる可能性が高くなります

 

相性のいいコンサルタントと出会いやすい

転職サイトに登録すると、コンサルタントとやり取りすることになります。
担当のコンサルタントによっては、あなたの希望にあった求人を紹介してくれなかったり、
対応がいまいちだったりすると信頼して相談することができません。
色々な人から情報を集めることで客観的な判断ができますので、
複数のコンサルタントとやり取りして、自分に合うコンサルタントを見つけるようにしてください

 

転職サイト同士が競争してくれる

転職サイトは薬剤師の転職が成功すると、
求人側の薬局や病院からから成功報酬を受け取ることで利益を得ています。
(薬剤師側は費用はかかりません)

 

そのため、自分の会社で転職を成功させてもらいたいという気持ちを持っているのが本音です。

 

同じ求人に転職する場合でも、担当のコンサルタントが優秀であったり、
その薬局とのつながりが強いと、より良い条件を企業から引き出してもらえることがあるのです。

 

引越しなどでいくつかの会社で見積もりを取ると、競争原理で価格が安くなるのと同じです。
転職の場合は、複数の転職サイトから条件提示をしてもらうことで、
年収が上がったり、住宅補助の条件を交渉してもらえたりする可能性があります。

 

 

薬剤師が年収アップできる薬剤師・できない薬剤師

 

年収を上げるための3つの方法を紹介しました。

 

転職サイトに登録し、どれだけ優秀なコンサルタントが担当についたとしても、
中には転職が上手くいかない人もいます。

 

転職で失敗する理由の一つが、
コンサルタントとあまりコミュニケーション取らないということです。

 

コンサルタントにあなたの希望を伝えなければ、いくらコンサルタントが頑張っても
望む求人が出てこないのも仕方がないことですよね。

 

逆に転職に成功している人は、細かい希望でもコンサルタントに伝えています

 

求人はタイミングが重要です。良い求人であるほど、すぐに埋まってしまいます。
まずは、転職サイトに登録して、コンサルタントに希望を伝えるようにしましょう!

 

 

紹介してもらっても希望と違えば断れればいいですし、
チャンスを逃してしまうのはもったいないことです。
「年収アップするならここ!」という転職サイトを紹介していますので、せひご覧ください!

 

 

   年収アップにおすすめの薬剤師転職サイト

 

 

薬キャリ

 

・薬剤師転職サイトの中でも高額の案件が非常に多い
・知名度、登録者数、求人数ともに業界トップクラス
・頼りがいのあるキャリアコンサルタント
・大手18社の薬剤師求人・転職サイトが取り扱う求人も検索可能
・年収アップ以外も土日休み、残業なし案件も多数!
・病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業など幅広い求人情報
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「薬キャリ」への登録はコチラ

 

 

ファルマスタッフ

 

・薬剤師転職サイトの中で調剤薬局案件が断トツの多さ
・直接会ってヒアリングしてくれるのでミスマッチが少ない
・きめ細やかなサポートが薬剤師に高評価!
・大好評の「保険調剤テキスト」がもらえる!
・求人先をすべて訪問しているので、内部のリアルな情報が非常に豊富!
・派遣求人は業界トップクラスで高額求人が多い!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「ファルマスタッフ」への登録はコチラ