薬剤師で年収800万円を稼げる仕事をまとめました

薬剤師の年収800万円稼ぐ方法−調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社−

薬剤師の平均年収は、約400万円〜650万円が相場と言われており、
厚生労働省のデータによると平均年収は約530万円です。

 

そんな中で、薬剤師の平均年収を大幅に上回り、
年収800万円やそれ以上の年収を得ている薬剤師もいるのが現実です。

 

高収入のボーダーラインと言える年収800万円は、
やはり憧れの年収金額と言えるのではないでしょうか?

 

 

年収800万円は憧れではあるけれど、
「今の仕事では年収800万円なんてとうてい無理…」と少し暗い気分になる人もいるかもしれません。

 

年収800万を超えている人はどのような環境で働いている薬剤師なのか、
またこれから年収800万円を目指すにはどうしればいいかをまとめました。

 

 

年収800万円以上の薬剤師の仕事

 

薬剤師は病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社など職種によっても年収が異なります。

 

とは言っても新卒時は、職種が違ってもおおよそ400万〜450万程度からスタートします。
その後どれだけ昇給していくことができるかによって年収の差が出てきます。

 

各職種で働き続けて年収800万円は可能なのでしょうか?

 

 

調剤薬局

調剤薬局の場合、安定した就業環境と昇給が期待できるものの昇給が少なく、
勤務薬剤師として働いている場合は600万台でピークに達してしまうことがほとんどです。

 

管理薬剤師や薬局長になれば数万年の手当てはつきますが、大幅に年収上がることは難しく、
年収800万円を目指すにはエリアマネージャーなど管理職になることです。

 

 

ドラッグストア

ドラッグストアは、薬剤師の職種の中でも高額年収のイメージがあるますが実際はどうでしょうか?

 

ドラッグストアは新卒時の年収を高い傾向があります。
ドラッグストアは就職先としてあまり人気がなく新卒薬剤師がなかなか集まらないため、
高い年収を提示せざるを得ないという理由があります。

 

初任給はいいものの、定期昇給は厳しく普通に働いていて年収800万円はまず不可能です。

 

ドラッグストアの場合も年収800万円以上を目指すなら、
複数店舗を統括するエリアマネージャーなどの管理職になる必要があるでしょう。

 

管理職になれば年収は確実にアップしますが、競争に勝ち進まなければいけませんし、
仕事も増えることは覚悟しておきましょう。

 

 

病院薬剤師

病院薬剤師は新卒時で350万円くらいからのスタートで
薬剤師の中では最も年収が低い職種です。

 

病院にもよりますが、 定期昇給で年収800万円を目指すのはまず難しいと言えるでしょう。
管理職になっても年収800万円は可能かどうか…というところだと思います。

 

 

製薬会社

薬剤師の職種の中で、高年収の事例でもっとも多いのが製薬会社です。

 

新卒時の年収は他の職種と同じく400万円程度ですが、
大手製薬会社であれば昇給は期待できるでしょう。

 

製薬会社でも年収が高いのは、研究開発職やMR職です。
大手製薬会社の研究開発職であれば年収800万円は十分可能です。

 

また、営業職であるMRは営業成績で結果を出せば、
30代でも年収800万円を目指す事ができるでしょう。

 

製薬会社でも、学術や品質管理、薬事などの職種では管理職などにならないと
800万円を目指すのは難しいかもしれません。

 

薬剤師が年収800万円稼げる仕事に転職する

 

現在の職場を続けていても年収800万円が難しいと感じたら、転職するという選択肢もあります。

 

製薬会社に転職する

製薬会社の中でも800万円を目指すには、研究開発職かMRです。
未経験で製薬会社の研究開発職への転職はまず不可能なので、MRを目指す方法です。

 

MRであれば未経験でも求人はありますが、
MRの求人は一般には出回らないため薬剤師転職サイトのコンサルタントにまず相談してください。

 

だたし、MRは常に数字を求められるプレッシャーに耐えられるか、
やりがいを感じられるかがカギになります。

 

 

CROのモニターに転職する

CROは製薬会社から臨床開発業務を受託する機関です。

 

製薬会社の開発部門のように、医療機関に治験業務を依頼し
症例のデータを集めたり承認申請に必要な書類作成を行います。

 

CROで働くCRA(臨床開発モニター)は、出張も多く忙しい仕事ではありますが、
ある程度経験積めば年収アップが期待でき800万円稼ぐ人も多い仕事です。

 

 

年収の高い調剤薬局に転職する

調剤薬局で年収800万円というと、やはり高額なイメージがあります。

 

東京や大阪など都心部で800万円の高額年収の場合は、
その価値に見合う大変なことがあると考えた方がいいでしょう。

 

 

例えば、次のようなことが考えられます。

  • 日曜・祝祭日の勤務
  • シフトが夜間にもある
  • 非常に忙しく休みが少ない

 

 

しかし、地方であれば話は別です。

 

地方は薬剤師が不足していて、薬剤師確保が急務のため、
年収を上げて来てくれる薬剤師を募集している薬局があるのです。

 

そういった求人は、非常に温かく迎えてくださいますし、
地域の患者さんの役になっていると実感しながら働く事ができる薬局が多いです。

 

都会の暮らしから離れなければいけませんが、
今は交通が発達しLCCなど安い移動手段がたくさんありますので、
気軽に地方に働きに行く薬剤師さんも増えています。

 

年収800万円の薬剤師求人を探すには

 

年収800万円の高額求人を探すには、
薬剤師転職サイトに登録してコンサルタントに相談するのが一番の近道です。

 

高額求人の多くは、一般に公開すると応募が殺到してしまうので、
非公開求人になっていることが多いのです。

 

そういった求人はコンサルタントから直接紹介されるので、
まずはコンサルタントに希望を伝えることをしなければ求人自体見つけることができません。

 

よい求人に出会うコツは、「多くの情報を集める」ことと「タイミング」です。
2〜3社程度の複数の転職サイトから求人情報を集めることで、
よりよい求人に出会える可能性が高くなります。

 

高額求人がいつ出るか毎日求人情報をチェックするのはとても大変なことです。
コンサルタントに希望を伝えておけば、求人が出たタイミングで連絡をもらえるので、
チャンスを逃すことなく情報を入手できます。

 

薬剤師の高収入求人に強い転職サイトをランキングで紹介していますので、
ぜひ早めに登録しておきましょう!

 

 

   年収アップにおすすめの薬剤師転職サイト

 

 

薬キャリ

 

・薬剤師転職サイトの中でも高額の案件が非常に多い
・知名度、登録者数、求人数ともに業界トップクラス
・頼りがいのあるキャリアコンサルタント
・大手18社の薬剤師求人・転職サイトが取り扱う求人も検索可能
・年収アップ以外も土日休み、残業なし案件も多数!
・病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業など幅広い求人情報
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「薬キャリ」への登録はコチラ

 

 

ファルマスタッフ

 

・薬剤師転職サイトの中で調剤薬局案件が断トツの多さ
・直接会ってヒアリングしてくれるのでミスマッチが少ない
・きめ細やかなサポートが薬剤師に高評価!
・大好評の「保険調剤テキスト」がもらえる!
・求人先をすべて訪問しているので、内部のリアルな情報が非常に豊富!
・派遣求人は業界トップクラスで高額求人が多い!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「ファルマスタッフ」への登録はコチラ

 

 

 

年収アップには複数の転職サイトの利用がおすすめ!

 

複数の薬剤師転職サイトを利用するメリット

 

多くの求人情報を集められる

転職サイトによって強み弱みがあるので、紹介してもらえる求人情報が違います。複数の転職サイトから求人情報を集めた方があなたの希望に合う求人を見つけられる可能性が高くなります。

 

相性のいいコンサルタントと出会いやすい

転職を成功させるためには、コンサルタントとの相性がカギを握っていると言っても過言ではありません。コンサルタントに遠慮して希望が言えなければ、希望する求人を紹介してもらえる可能性が低くなります。複数のコンサルタントとやり取りして、自分に合うコンサルタントを見つけるようにしましょう!

 

転職サイト同士が競争してくれる

転職サイトは薬剤師の転職が成功すると求人側の薬局から成功報酬を受け取ることで利益を得ています。(薬剤師側は費用はかかりません)

 

そのため、自分の会社で転職を成功させてもらいたいという気持ちを持っているのが本音です。

 

同じ求人でも交渉するコンサルタントが優秀であったり、その薬局とコネがあると、より良い条件を企業から引き出してもらえることがあるのです。

 

引越しなどでもいくつかの会社で見積もりを取ると、競争原理で価格が安くなるのと同じです。転職の場合は、年収が上がったり、住宅補助の条件を交渉してもらえたりする可能性があります。