薬剤師で年収1000万!薬剤師が年収を上げる方法

薬剤師の年収相場の平均を徹底研究!

薬剤師は国家資格を有する職種であり、
世間一般には年収が高い高級取りな職業のイメージがあると思います。

 

一般的に出回っている求人情報には40万~50万円、時給2000円〜3000円
といった求人をたくさん見かけるので、薬剤師と言うだけでや親戚や近所の人からは
「さぞかしいっぱいお給料もらっているんだろうね」という視線もあるかもしれません。

 

 

確かに職業としては安定している薬剤師ですが、薬剤師になるには大学の薬学部に6年間通い、
さらに国家試験である薬剤師資格に合格しなければなりません。

 

以前は薬剤師の国家試験を受験するには4年間でよかったのですが、
現在では6年間大学に通わなくてならず薬学部を卒業するまでには、医師並の学費が掛かります。

 

その上に最近では薬剤師の国家試験の難易度も、以前と比べると若干ですが難しくなっています。

 

 

確かに一般企業より年収が高いケースもありますが、
サラリーマンでも一流会社であれば相当稼いる人はたくさんいますし、
6年間勉強して必死で国家試験に合格したことを考えると、
はたしてそれに見合った高いお給料かと言われると、どうなのでしょうか?

 

ここでは、薬剤師の平均的な年収相場についてまとめました。

 

 

 

薬剤師の平均年収

 

薬剤師の年収 基本情報

平均年収

532万円

平均月収

38万円

平均時給

2,189円

ボーナス等

75万円

平均年齢

38.7歳

勤続年数

7.1年

復元労働者

61,240人

総労働時間

174時間/月

男性年収

586万円

女性年収

502万円

( 厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」)

 

平成27年の薬剤師の平均月収は38万円、
そこから推定される推定年収は532万円、平均時給は2,189円です。

 

 

過去8年間の年収の推移

 

 

過去8年間の年収の推移を見てみると、
ここ数年年収が増加するということは見られていない薬剤師のお給料事情です。

 

 

企業規模による平均年収の違い

 

企業規模

10〜99人

100〜999人

1000人以上

10人以上平均

平均年収

612万円

502万円

502万円

533万円

 

薬剤師の統計上の平均年収は、
10〜99人の事業所に勤務する人が最も高く612万円となっています。

 

100?999人の事業所の平均年収は502万円、
1,000人以上は502万円、10人以上平均533万円となります。

 

 

「えっー!」と驚いた人もいるかもしれませんよね。

 

1000人以上の大企業よりも、
10人〜99人までの小さな企業の方が年収は良いのです。

 

しかし、平均年齢が大企業の方が若いので同年代で比較するとまた違いますし、
福利厚生や労働環境など総合的に判断すると大企業の方がやはり有利ですかね…。

 

 

資格職の中での薬剤師の年収ランキングは?

 

資格別平均年収ランキング

 

順位

資格名

平均年収

順位

資格名

平均時給

1

医師

1,098万円

1

医師

4,988円

2

弁護士

1,094万円

2

弁護士

4,644円

3

公認会計士

717万円

3

歯科医師

2,920円

4

税理士

717万円

4

公認会計士

2,777円

5

不動産鑑定士

711万円

5

税理士

2,777円

6

社会保険労務士

670万円

6

不動産鑑定士

2,711円

7

歯科医師

653万円

7

社会保険労務士

2,548円

8

一級建築士

644万円

8

獣医師

2,326円

9

獣医師

637万円

9

一級建築士

2,268円

10

技術士

596万円

10

技術士

2,255円

11

診療放射線技師

533万円

11

薬剤師

2,189円

12

薬剤師

532万円

12

診療放射線技師

2,127円

13

看護師

478万円

13

看護師

1,981円

14

臨床検査技師

468万円

14

臨床検査技師

1,843円

15

クレーン運転士

460万円

15

歯科技工士

1,767円

16

測量士

454万円

16

測量士

1,733円

17

歯科技工士

426万円

17

クレーン運転士

1,706円

18

理学療法士

404万円

18

理学療法士

1,700円

19

作業療法士

404万円

19

作業療法士

1,700円

20

准看護師

395

20

准看護士

1,689円

 

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より平成27年7月分の給与を元に算出しています。

 

薬剤師の年収は資格別 年収ランキングでは12位にランクインされています。
時給別でもほぼ同じくらいの11位にランクインされています。

 

 

薬剤師の年齢別の平均給料・平均年収

 

平成27年度 人事院統計表で発表されている
各年齢5歳ごとの毎月の給料から年収、ボーナスを算出しました。

 

歳以上~歳未満

支給額(給料)

平均年収

ボーナス

24〜28

30.5万

466.8万

100.6万

28〜32

33.7万

513.5万

109.1万

32〜36

36.5万

559.5万

121.4万

36〜40

38.8万

597.8万

132.6万

40〜44

40.1万

618.1万

137.0万

44〜48

44.1万

681.5万

152.7万

48〜52

44.2万

688.0万

157.5万

52〜56

47.0万

732.4万

168.7万

56〜

43.8万

690.2万

164.5万

平均(36.4歳)

36.9万

586.1万

125万

ボーナスは基本給(支給額から時間外手当、交通費をひいたもの)の4カ月で計算。
年収は支給額の12ヶ月分とボーナスの合計で独自で計算しています。

 

 

平成27年度 人事院統計表 による薬剤師の平均月収は36.9万円となっており、
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」の平均月収38万円とほぼ同じになっています。

 

平均月収が37〜38万円ということは、
手取りで30万円程度が薬剤師の平均的な給料ということになります。
ただ、この金額はあくまで平均的な金額であり、年齢や職種、地域によっても大きくことなります。

 

 

また、男女によっても年収に差があり、
新卒の場合は男性も女性も変わらず基本給が25万円前後ですが、
その後の年収には差が出てきます。

 

女性薬剤師の手取り月収が30万を越えるのは10年目頃ですが、
男性薬剤師の場合は、10年目になると手取り月収が40万円前後になります。

 

 

今のあなたの年収は薬剤師としてちゃんと評価されてますか?

 

様々な薬剤師の平均年収の相場を紹介してきましたが、
これを見て「私の給料安いんじゃない?」と感じ始めている人もいるのではないでしょうか?

 

せっかく苦労して薬剤師になったのに、
給料が上がらないことに不満を抱えている薬剤師さんは少なくありません。

 

病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などの職種によっても違いますし、
調剤薬局とひと言に行っても会社によって昇給額が違います。
また、男性と同じ仕事をしているのに女性の方が年収が低いということもあります。

 

 

大学卒業後すぐには大きな差はありませんが、
入社後何年か過ぎるとだんだん周りのことが見えてきます。
また、このままこの会社で働いていても
年収がアップしないと感じ始めている人もいるのではないでしょうか?

 

 

転職で年収を上げるには、まずは他の人の年収を知る必要があります。
そんな時は、薬剤師転職サイトに相談してみてください。

 

 

 

「調剤薬局で○年勤務していて管理薬剤師の経験があります。
この地域で転職するとしたら、年収はどれくらいになりますか?」
と聞いてみてください。自分の価値がわかるはずです。

 

 

調剤薬局の場合、転職せずに一つのところで勤めていると、
お給料が上がりにくい傾向がありますので、
もしもあなたの年収が、職種別・年齢別・地域別の平均値よりも低いのであれば、
コンサルタントに相談することをおすすめします。

 

 

転職サイトの利用はすべて無料ですし、
登録したからと言って転職しなければいけないわけではありません。

 

私も何度コンサルタントさんからいろいろな情報をもらったことか・・・
転職はしなかったけど。

 

 

年収に不満やモヤモヤして気持ちがあるまま働いていてもモチベーションも上がらないと思います。

 

一度、転職のプロから見た年収相場を聞いてみて、
もし今の年収が平均相場より高ければもちろん今の職場を辞める必要もないですし、
悩みをふっきれて気持ちよく働くことができます。

 

もし、平均年収相場より低いのであれば、
もっといい条件の求人を紹介してもらって、今の職場と比較してみてください。

 

 

もちろん年収だけがすべてではありません。
職場の雰囲気や人間関係な働きやすさも事前にしっかり調べる必要があります。

 

転職サイトのコンサルタントであれば、
職場の雰囲気などの内部のリアルな情報も具体的に教えてもらえるので安心です。

 

 

経験豊富なキャリアアドバイザーなどが在籍しているところも多く、
電話やメールでも質問ができ、転職への不安や疑問にも丁寧に答えてくれます。

 

自分にどんな職場が向いているのか、総合的なアドバイスももらえますので、
ぜひうまく活用してみてはいかがですか?

 

 

 

   年収アップにおすすめの薬剤師転職サイト

 

 

薬キャリ

 

・薬剤師転職サイトの中でも高額の案件が非常に多い
・知名度、登録者数、求人数ともに業界トップクラス
・頼りがいのあるキャリアコンサルタント
・大手18社の薬剤師求人・転職サイトが取り扱う求人も検索可能
・年収アップ以外も土日休み、残業なし案件も多数!
・病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業など幅広い求人情報
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「薬キャリ」への登録はコチラ

 

 

ファルマスタッフ

 

・薬剤師転職サイトの中で調剤薬局案件が断トツの多さ
・直接会ってヒアリングしてくれるのでミスマッチが少ない
・きめ細やかなサポートが薬剤師に高評価!
・登録者には「保険調剤テキスト」がもらえる!
・求人先をすべて訪問しているので、内部のリアルな情報が非常に豊富!
・派遣求人は業界トップクラスで高額求人が多い!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!

 

⇒「ファルマスタッフ」への登録はコチラ